豪華絢爛!「つきじ治作」の春のごちそう箱

コーヒーブレイク

コロナ禍でお店での飲食がしにくくなっている昨今。
大変なことの方が多いですが、テイクアウトを行うお店が増えたのは良かったことの一つです。

先日知り合いから教えてもらったのが築地にある高級料亭「つきじ治作」のお弁当。
政治家なども使用するこのお店が出している「春のごちそう箱」が、すごい!と。

お値段4千円で、ちょっとお高い。
しかし!
ランチをいただこうと思うと1万円は軽く超えるお店なのです…!

この金額でそのお店のお料理が食べられる、ぜひ食べてみて、ということで友人に声をかけ早速予約しました。

ウキウキでお店を目指していたところ、遠くからでもわかる都会に突如現れる日本家屋。
三菱財閥創業者の岩崎氏の別邸だった建物だそうです。
入口でスタッフの方が待っていてくれ、予約の名前をいうと中に通されます。

都会の真ん中とは思えない!
残念ながらお弁当の受け取りのみなのでここまで…。
おーーっきな鯉が泳いでいるという中庭の池もみてみたかった~。
受け取りしただけでも気分上々。

築地周辺は意外と公園がたくさんあるので、高級弁当でピクニックしよう!という算段です。

そしてこちらが「春のごちそう箱」!
木目調の発泡スチロールで、引き出し箱になっています。
テンションあがる!

一段目は手毬寿司。
う…美しい~!!!
一つ一つが完璧です。

皆さんは好きなものから食べる派ですか?
最後に残す派ですか?

私は残す派です!
さて、私が最後に食べたのはどれでしょう~(笑)

最後に食べたのはスモークサーモン(写真左上)でした!

2段目。
玉子焼き、ほんのり甘くておいしかったぁぁ。
ホクホクしてたからゆり根かな?花びらのように散らしてあって演出がすごい。

デザートでわらび餅も入ってました。

爪楊枝に刺さっている赤いもの、これは何ぞや?と思いましたが、赤こんにゃくということでした。

3段目は肉じゃが。
このかかっているソースが激ウマでした。
生麩大好きなので嬉しい。

見た目も美しいですが、とにかくどれもおいしくて手が込んでいるのが分かる味でした。
「春の」というだけあって、山菜に花びらを模した飾り…まさに春爛漫。
今思い出しても、「美味しかったなぁ…」としみじみしてしまう。

写真撮り忘れましたが、せっかくの素晴らしいお弁当ということで、日本酒を合わせて飲みましたが抜群のペアリングでした。

「春のごちそう箱」は4月29日までのようですが、SNSをチェックしていると、メニューが変わり違う内容のお弁当になるみたいです。

ぜひまた食べたい、おすすめの一品です!





コメント

タイトルとURLをコピーしました